page top

信州塩尻の特産品

塩尻で生まれた緑大豆"あやみどり"

■塩尻で生まれた緑大豆"あやみどり"

塩尻市内の遊休農地等を活用して"あやみどり"の栽培が行われています。
この"あやみどり"は、塩尻市宗賀床尾の長野県野菜花き試験場(旧長野県中信農業試験場)で育種され、平成21年に品種登録されました。
きれいな緑色が特徴で、豆腐、煎り豆、おこし菓子などに商品化されています。また、飲食店においてもあやみどりを使った料理が提供されるなど普及が進んでいます。

 

関連ホームページ

http://shiojiri-agri.jp/