page top

信州塩尻の特産品

伝統工芸木曽漆器

■伝統工芸木曽漆器

四百有余年の歴史を誇る木曽漆器は昭和50年には国の伝統的工芸品として産地指定を受け、1998長野冬季オリンピックの入賞メダルは木曽漆器の伝統技法により製作されました。

また、国の重要文化財など、漆文化財の修復作業にも木曽漆器の伝統的技術が生かされています。

木曽漆器の主要産地「木曽平沢」は平成18年に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定され、その歴史と伝統は確かな形で息づいています。