page top

塩尻市ってこんなところ

清流がきらめく"大"分水嶺のまち

2009年08月31日

■清流がきらめく"大"分水嶺のまち

塩尻市は、緑が豊かで清流がきらめく自然豊かなところです。また、長野県のほぼ中央に位置し、塩尻峠、善知鳥峠(うとうとうげ)、鳥居峠、権兵衛峠などの山稜は、太平洋と日本海に注がれる河川の水系の境界となる"大"分水嶺の地でもあります。

 

そんな塩尻の自然や美味しい水を広く紹介しようと

 

分水嶺の地下水

 

~地球からの贈りもの~

 

を商品開発しました。

 

※分水嶺とは・・・雨水が異なる方向に流れる境界のことで、分水界とも呼ばれます。

※大分水嶺とは・・・分水嶺の中でも、異なる海域に流れ込む水系の境界を大分水嶺(中央分水嶺ともいう)と呼んでいます。

 

商品開発元 塩尻市水道事業部

 

詳しくは、塩尻市ホームページをご覧ください。

 

塩尻市ってこんなところ


バックナンバー